民法第104条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法民法コンメンタール民法第1編 総則 (コンメンタール民法)

条文[編集]

任意代理人による復代理人の選任)

第104条
委任による代理人は、本人の許諾を得たとき、又はやむを得ない事由があるときでなければ、復代理人を選任することができない。


解説[編集]

任意代理人が復代理人を選任する場合における復代理禁止原則を定めた規定である。 「委任による代理」とは、起草者が委任契約によって代理権が与えられたと考えていた証拠であるが、現在では単に任意代理を意味すると考えられている。

参照条文[編集]


前条:
民法第103条
(権限の定めのない代理人の権限)
民法
第1編 総則
第5章 法律行為
第3節 代理
次条:
民法第105条
(復代理人を選任した代理人の責任)
このページ「民法第104条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。