民法第108条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
移動先: 案内検索

法学民事法民法コンメンタール民法第1編 総則 (コンメンタール民法)

条文[編集]

(自己契約及び双方代理)

第108条
同一の法律行為については、相手方代理人となり、又は当事者双方の代理人となることはできない。ただし、債務の履行及び本人があらかじめ許諾した行為については、この限りではない。

解説[編集]

自己契約・双方代理の禁止を定めた一般的な規定である。 違反して行われた代理行為については、無権代理となる。

「債務の履行」と「本人があらかじめ許諾した行為」とが例外として規定され、この場合は代理として有効に成立する。前者が定められているのは、従来の法律関係に基づくにとどまる行為であり、本人にとって新たな利害関係を生じる法律関係を創設するものでないからと説明され、債務の履行以外にも、これと類似した行為であれば同様に許容されると解されている。後者の場合、事前に許諾した場合だけでなく事後に追認した場合も含まれる。

108条の拡張適用事例については、それぞれの判例評釈を参照。

参照条文[編集]

判例[編集]

参考文献[編集]

  • 我妻栄『新訂民法総則(民法講義1)』(岩波書店、1965年)341頁
  • 四宮和夫『民法総則(第4版補正版)』(法律学講座双書)(弘文堂、1996年)238頁

前条:
民法第107条
(復代理人の権限等)
民法
第1編 総則
第5章 法律行為
第3節 代理
次条:
民法第109条
(代理権授与の表示による表見代理)
このページ「民法第108条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。