民法第137条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法民法コンメンタール民法第1編 総則 (コンメンタール民法)

条文[編集]

期限の利益の喪失)

第137条
次に掲げる場合には、債務者は、期限の利益を主張することができない。
一 債務者が破産手続開始の決定を受けたとき。
二 債務者が担保を滅失させ、損傷させ、又は減少させたとき。
三 債務者が担保を供する義務を負う場合において、これを供しないとき。

解説[編集]

期限の利益の喪失事由についての規定である。

参照条文[編集]


前条:
民法第136条
(期限の利益及びその放棄)
民法
第1編 総則
第5章 法律行為
第5節 条件及び期限
次条:
民法第138条
(期間の計算の通則)
このページ「民法第137条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。