民法第138条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法コンメンタール民法第1編 総則 (コンメンタール民法)民法第138条

条文[編集]

期限の計算の通則)

第138条
期間の計算方法は、法令若しくは裁判上の命令に特別の定めがある場合又は法律行為に別段の定めがある場合を除き、この章の規定に従う。

解説[編集]

参照条文[編集]

判例[編集]


前条:
民法第137条
(期限の利益の喪失)
民法
第1編 総則
第5章 法律行為
第5節 条件及び期限
次条:
民法第139条
(期間の起算)
このページ「民法第138条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。