民法第142条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法民法コンメンタール民法第1編 総則 (コンメンタール民法)民法第142条

条文[編集]

第142条

期間の末日が日曜日国民の祝日に関する法律(昭和二十三年法律第百七十八号)に規定する休日その他の休日に当たるときは、その日に取引をしない慣習がある場合に限り、期間は、その翌日に満了する。

解説[編集]

期間の末日が日曜日など休日に該当する場合の期間の算定方法の規定である。 「取引」とは広く法律行為を指し、商行為に限定されないと解されている。

参照条文[編集]

判例[編集]


前条:
民法第141条
(期間の満了)
民法
第1編 総則
第5章 法律行為
第5節 条件及び期限
次条:
民法第143条
(暦による期間の計算)
このページ「民法第142条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。