民法第195条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法コンメンタール民法第2編 物権 (コンメンタール民法)

条文[編集]

(動物の占有による権利の取得)

第195条
家畜以外の動物で他人が飼育していたものを占有する者は、その占有の開始の時に善意であり、かつ、その動物が飼主の占有を離れた時から一箇月以内に飼主から回復の請求を受けなかったときは、その動物について行使する権利を取得する。

解説[編集]

参照条文[編集]


前条:
民法第194条
(盗品又は遺失物の回復)
民法
第2編 物権
第2章 占有権
第2節 占有権の効力
次条:
民法第196条
(占有者による費用の償還請求)
このページ「民法第195条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。