民法第201条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法民法コンメンタール民法第2編 物権 (コンメンタール民法)

条文[編集]

占有の訴えの提起期間)

第201条
  1. 占有保持の訴えは、妨害の存する間又はその消滅した後一年以内に提起しなければならない。ただし、工事により占有物に損害を生じた場合において、その工事に着手した時から一年を経過し、又はその工事が完成したときは、これを提起することができない。
  2. 占有保全の訴えは、妨害の危険の存する間は、提起することができる。この場合において、工事により占有物に損害を生ずるおそれがあるときは、前項ただし書の規定を準用する。
  3. 占有回収の訴えは、占有を奪われた時から一年以内に提起しなければならない。

解説[編集]

占有保持の訴え(民法第198条)、占有保全の訴え(民法第199条)、占有回収の訴え(民法第200条)の提訴期間についての規定である。

参照条文[編集]


前条:
民法第200条
(占有回収の訴え)
民法
第2編 物権
第2章 占有権
第2節 占有権の効力
次条:
民法第202条
(本権の訴えとの関係)
このページ「民法第201条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。