民法第248条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
Jump to navigation Jump to search

法学民事法民法コンメンタール民法第2編 物権 (コンメンタール民法)

条文[編集]

付合混和又は加工に伴う償金の請求)

第248条
第242条から前条までの規定の適用によって損失を受けた者は、第703条及び第704条の規定に従い、その償金を請求することができる。

解説[編集]

の添付が生じた場合の損失の償金について規定している。

  • 民法第242条(不動産の付合)
  • 民法第243条(動産の付合)
  • 民法第244条(動産の付合)
  • 民法第245条(混和)
  • 民法第246条(加工)
  • 民法第247条(付合、混和又は加工の効果)
  • 民法第703条(不当利得の返還義務)
  • 民法第704条(悪意の受益者の返還義務等)

参照条文[編集]


前条:
民法第247条
(付合、混和又は加工の効果)
民法

第2編 物権
第3章 所有権
第2節 所有権の取得

次条:
民法第249条
(共有物の使用)
このページ「民法第248条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。