民法第252条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法民法コンメンタール民法第2編 物権 (コンメンタール民法)

条文[編集]

共有物の管理)

第252条
  1. 共有物の管理に関する事項(次条第一項に規定する共有物の管理者の選任及び解任を含み、共有物に前条第1項に規定する変更を加えるものを除く。次項において同じ。) は、各共有者の持分の価格に従い、その過半数で決する。共有物を使用する共有者があるときも、同様とする。
  2. 裁判所は、次の各号に掲げるときは、当該各号に規定する他の共有者以外の共有者の請求により、当該他の共有者以外の共有者の持分の価格に従い、その過半数で共有物の管理に関する事項を決することができる旨の裁判をすることができる。
    1. 共有者が他の共有者を知ることができず、又はその所在を知ることができないとき。
    2. 共有者が他の共有者に対し相当の期間を定めて共有物の管理に関する事項を決することについて賛否を明らかにすべき旨を催告した場合において、当該他の共有者がその期間内に賛否を明らかにしないとき。
  3. 前二項の規定による決定が、共有者間の決定に基づいて共有物を使用する共有者に特別の影響を及ぼすべきときは、その承諾を得なければならない。
  4. 共有者は、前三項の規定により、共有物に、次の各号に掲げる賃借権その他の使用及び収益を目的とする権利(以下この項において「賃借権等」という。)であって、当該各号に定める期間を超えないものを設定することができる。
    1. 樹木の栽植又は伐採を目的とする山林の賃借権等 十年
    2. 前号に掲げる賃借権等以外の土地の賃借権等 五年
    3. 建物の賃借権等 三年
    4. 動産の賃借権等 六箇月
  5. 各共有者は、前各項の規定にかかわらず、保存行為をすることができる。

改正経緯[編集]

2021年改正により、以下の条項に替え、詳細な条項を制定。

共有物の管理に関する事項は、前条の場合を除き、各共有者の持分の価格に従い、その過半数で決する。ただし、保存行為は、各共有者がすることができる。

解説[編集]

共有物の管理行為についての規定である。「保存行為」については例外がある。

参照条文[編集]

判例[編集]


前条:
民法第251条
(共有物の変更)
民法
第2編 物権

第3章 所有権

第3節 共有
次条:
民法第252条の2
(共有物の管理者)


このページ「民法第252条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。