民法第306条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
Jump to navigation Jump to search

法学民事法民法コンメンタール民法第2編 物権 (コンメンタール民法)

条文[編集]

(一般の先取特権

第306条
次に掲げる原因によって生じた債権を有する者は、債務者の総財産について先取特権を有する。
一 共益の費用
二 雇用関係
三 葬式の費用
四 日用品の供給


解説[編集]

一般先取特権の発生原因を定めた規定である。

参照条文[編集]

判例[編集]


前条:
民法第305条
(先取特権の不可分性)
民法
第2編 物権
第8章 先取特権
第1節 総則
次条:
民法第307条
(共益費用の先取特権)
このページ「民法第306条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。