民法第416条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法民法コンメンタール民法第3編 債権 (コンメンタール民法)

条文[編集]

損害賠償の範囲)

第416条
  1. 債務の不履行に対する損害賠償の請求は、これによって通常生ずべき損害の賠償をさせることをその目的とする。
  2. 特別の事情によって生じた損害であっても、当事者がその事情を予見すべきであったときは、債権者は、その賠償を請求することができる。

改正経緯[編集]

2017年改正により以下のとおり改正。

(改正前)その事情を予見し、又は予見することができたときは
(改正後)その事情を予見すべきであったときは

解説[編集]

  • 債務不履行責任によって賠償されるべき損害の範囲について規定している。一般に、第1項に規定する損害を通常損害、第2項に規定する損害を特別損害という。
  • 416条1項は、相当因果関係の原則を示したものであり、同条2項は、相当因果関係を判断する際に基礎とすべき特別事情の範囲を示したものである(「刑法の折衷説」参照)。2017年改正で、予見又は予見可能性の事実ではなく、予見に関する法的評価が基準であることが明確化された。
  • なお、不法行為責任損害の範囲の確定についても類推適用されるとするのが通説である。

参照条文[編集]

判例[編集]


前条:
民法第415条
(債務不履行による損害賠償)
民法
第3編 債権

第1章 総則

第2節 債権の効力
次条:
民法第417条
(損害賠償の方法)


このページ「民法第416条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。