コンテンツにスキップ

民法第491条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』

法学民事法民法コンメンタール民法第3編 債権 (コンメンタール民法)民法第491条

条文[編集]

(数個の給付をすべき場合の充当)

第491条
一個の債務の弁済として数個の給付をすべき場合において、弁済をする者がその債務の全部を消滅させるのに足りない給付をしたときは、前三条の規定を準用する。

改正経緯[編集]

2017年改正により、旧・第490条より移動。改正前は以下の条項が置かれていたが、第489条に移動した。

(元本、利息及び費用を支払うべき場合の充当)

  1. 債務者が一個又は数個の債務について元本のほか利息及び費用を支払うべき場合において、弁済をする者がその債務の全部を消滅させるのに足りない給付をしたときは、これを順次に費用、利息及び元本に充当しなければならない。
  2. 第489条の規定は、前項の場合について準用する。

解説[編集]

参照条文[編集]

前三条

  • 第488条(同種の給付を目的とする数個の債務がある場合の充当)
  • 第489条(元本、利息及び費用を支払うべき場合の充当)
  • 第490条(合意による弁済の充当)

判例[編集]


前条:
民法第490条
(合意による弁済の充当)
民法
第3編 債権

第1章 総則
第6節 債権の消滅

第1款 弁済
次条:
民法第492条
(弁済の提供の効果)
このページ「民法第491条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。