民法第488条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
Jump to navigation Jump to search

法学民事法コンメンタール民法第3編 債権 (コンメンタール民法)

条文[編集]

弁済の充当の指定)

第488条
  1. 債務者が同一の債権者に対して同種の給付を目的とする数個の債務を負担する場合において、弁済として提供した給付がすべての債務を消滅させるのに足りないときは、弁済をする者は、給付の時に、その弁済を充当すべき債務を指定することができる。
  2. 弁済をする者が前項の規定による指定をしないときは、弁済を受領する者は、その受領の時に、その弁済を充当すべき債務を指定することができる。ただし、弁済をする者がその充当に対して直ちに異議を述べたときは、この限りでない。
  3. 前二項の場合における弁済の充当の指定は、相手方に対する意思表示によってする。

解説[編集]

改正民法では第489条とあわせて規定された。

(同種の給付を目的とする数個の債務がある場合の充当)改正第四百八十八条
  1. 債務者が同一の債権者に対して同種の給付を目的とする数個の債務を負担する場合において、弁済として提供した給付が全ての債務を消滅させるのに足りないとき(次条第一項に規定する場合を除く。)は、弁済をする者は、給付の時に、その弁済を充当すべき債務を指定することができる。
  2. 弁済をする者が前項の規定による指定をしないときは、弁済を受領する者は、その受領の時に、その弁済を充当すべき債務を指定することができる。ただし、弁済をする者がその充当に対して直ちに異議を述べたときは、この限りでない。
  3. 前二項の場合における弁済の充当の指定は、相手方に対する意思表示によってする。
  4. 弁済をする者及び弁済を受領する者がいずれも第一項又は第二項の規定による指定をしないときは、次の各号の定めるところに従い、その弁済を充当する。
    一 債務の中に弁済期にあるものと弁済期にないものとがあるときは、弁済期にあるものに先に充当する。
    二 全ての債務が弁済期にあるとき、又は弁済期にないときは、債務者のために弁済の利益が多いものに先に充当する。
    三 債務者のために弁済の利益が相等しいときは、弁済期が先に到来したもの又は先に到来すべきものに先に充当する。
    四 前二号に掲げる事項が相等しい債務の弁済は、各債務の額に応じて充当する。

この条文は民法第491条(改正民法489条)に劣後する。

債務者 > 債権者 > 法定充当 の順番で指定される。

2項[編集]

2項但書きの意味については、通説によると、弁済者が異議を述べると弁済者が指定するのではなく法定充当になるという。

4項[編集]

「債務者のために弁済の利益が多いもの」とは、より多額の担保のついた債務である(通説)。たとえば抵当権付きの債務への充当が無担保の債務への充当に優先する。

判例[編集]


前条:
民法第487条
(債権証書の返還請求)
民法
第3編 債権
第1章 総則
第5節 債権の消滅
次条:
民法第489条
(法定充当)
このページ「民法第488条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。