民法第522条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法コンメンタール民法第3編 債権 (コンメンタール民法)

条文[編集]

(承諾の通知の延着)

第522条
  1. 前条第1項の申込みに対する承諾の通知が同項の期間の経過後に到達した場合であっても、通常の場合にはその期間内に到達すべき時に発送したものであることを知ることができるときは、申込者は、遅滞なく、相手方に対してその延着の通知を発しなければならない。ただし、その到達前に遅延の通知を発したときは、この限りでない。
  2. 申込者が前項本文の延着の通知を怠ったときは、承諾の通知は、前条第1項の期間内に到達したものとみなす。

解説[編集]

1項
  • 第521条(承諾の期間の定めのある申込み)
2項

これにより、契約は承諾の通知を発したときに成立する。

参照条文[編集]


前条:
民法第521条
(承諾の期間の定めのある申込み)
民法
第3編 債権
第2章 契約
第1節 総則
次条:
民法第523条
(遅延した承諾の効力)
このページ「民法第522条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。