民法第543条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法民法コンメンタール民法第3編 債権

条文[編集]

(債権者の責めに帰すべき事由による場合)

第543条
債務の不履行が債権者の責めに帰すべき事由によるものであるときは、債権者は、前2条の規定による契約の解除をすることができない。

解説[編集]

要件[編集]

履行不能[編集]

債務者の帰責事由[編集]

効果[編集]

参照条文[編集]

  • 民法第540条(解除権の行使)
  • 民法第541条(催告による解除)
  • 民法第542条(催告によらない解除)
  • 民法第545条(解除の効果)

判例[編集]


前条:
民法第542条
(催告によらない解除)
民法
第3編 債権

第2章 契約

第1節 総則
次条:
民法第544条
(解除権の不可分性)


このページ「民法第543条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークへどうぞ。