民法第572条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法コンメンタール民法第3編 債権 (コンメンタール民法)

条文[編集]

(担保責任を負わない旨の特約)

第572条
売主は、第560条から前条までの規定による担保の責任を負わない旨の特約をしたときであっても、知りながら告げなかった事実及び自ら第三者のために設定し又は第三者に譲り渡した権利については、その責任を免れることができない。

解説[編集]

  • 民法第560条
  • 民法第561条
  • 民法第562条

参照条文[編集]

判例[編集]


前条:
民法第571条
(売主の担保責任と同時履行)
民法
第3編 債権
第2章 契約
第3節 売買
次条:
民法第573条
(代金の支払期限)
このページ「民法第572条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。