民法第652条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法コンメンタール民法第3編 債権 (コンメンタール民法)民法第652条

条文[編集]

委任解除の効力)

第652条

第620条の規定は、委任について準用する。

解説[編集]

民法第620条(賃貸借の解除の効力)のあてはめ。

委任の解除をした場合には、その解除は、将来に向かってのみその効力を生ずる。この場合において、損害賠償の請求を妨げない。

なお、2017年改正前は「当事者の一方に過失があったとき」との文言があったが、改正により削除。当事者双方の事情を勘案して、損害の量定をすることを明示している。

参照条文[編集]


前条:
民法第651条
(委任の解除)
民法
第3編 債権

第2章 契約

第10節 委任
次条:
民法第653条
(委任の終了事由)
このページ「民法第652条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。