民法第659条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法民法コンメンタール民法第3編 債権 (コンメンタール民法)

条文[編集]

(無報酬の受寄者の注意義務)

第659条
無報酬の受寄者は、自己の財産に対するのと同一の注意をもって、寄託物を保管する義務を負う。

改正経緯[編集]

2017年改正において、用語の整理がなされた。

見出し

(改正前)無償受寄者の注意義務
(改正後)無報酬の受寄者の注意義務

本文

(改正前)無報酬で寄託を受けた者
(改正後)無報酬の受寄者

解説[編集]

無償寄託契約における受託者の注意義務を定めた規定。

無償寄託については、有償寄託から緩和された、「自己の財産に対するのと同一の注意」で足るとするもの。

参照条文[編集]


前条:
民法第658条
(寄託物の使用及び第三者による保管)
民法
第3編 債権

第2章 契約

第11節 寄託
次条:
民法第660条
(受寄者の通知義務等)


このページ「民法第659条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。