民法第730条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
Jump to navigation Jump to search

法学民事法コンメンタール民法第4編 親族

条文[編集]

(親族間の扶け合い)

第730条
直系血族及び同居のw:親族は、互いに扶け合わなければならない。

解説[編集]

親族間の相互扶助を定めた条文であるが、夫婦間の同居、協力及び扶助の義務を定めた民法第752条や扶養義務者を定めた民法第877条などの別の条文があるため、無意味な条文と考えられている。

参照条文[編集]


前条:
民法第729条
(離縁による親族関係の終了)
民法
第4編 親族
第1章 総則
次条:
民法第731条
(婚姻適齢)
このページ「民法第730条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。