民法第873条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法コンメンタール民法第4編 親族

条文[編集]

(返還金に対する利息の支払等)

第873条
  1. 後見人が被後見人に返還すべき金額及び被後見人が後見人に返還すべき金額には、後見の計算が終了した時から、利息を付さなければならない。
  2. 後見人は、自己のために被後見人の金銭を消費したときは、その消費の時から、これに利息を付さなければならない。この場合において、なお損害があるときは、その賠償の責任を負う。

解説[編集]

参照条文[編集]


前条:
民法第872条
(未成年被後見人と未成年後見人等との間の契約等の取消し)
民法
第4編 親族
第5章 後見
第4節 後見の終了
次条:
民法第874条
(委任の規定の準用)
このページ「民法第873条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。