生活保護法

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学社会法生活保護法生活保護法施行令生活保護法施行規則

生活保護法(最終改正:平成二〇年五月二八日法律第四二号)の逐条解説書。

Wikipedia
ウィキペディア生活保護法の記事があります。

第1章 総則 (第1条~第6条)[編集]

第1条(この法律の目的)
第2条(無差別平等)
第3条(最低生活)
第4条(保護の補足性)
第5条(この法律の解釈及び運用)
第6条(用語の定義)

第2章 保護の原則 (第7条~第10条)[編集]

第7条(申請保護の原則)
第8条(基準及び程度の原則)
第9条(必要即応の原則)
第10条(世帯単位の原則)

第3章 保護の種類及び範囲 (第11条~第18条)[編集]

第11条(種類)
第12条(生活扶助)
第13条(教育扶助)
第14条(住宅扶助)
第15条(医療扶助)
第15条の2(介護扶助)
第16条(出産扶助)
第17条(生業扶助)
第18条(葬祭扶助)

第4章 保護の機関及び実施 (第19条~第29条の2)[編集]

第19条(実施機関)
第20条(職権の委任)
第21条(補助機関)
第22条(民生委員の協力)
第23条(事務監査)
第24条(申請による保護の開始及び変更)
第25条(職権による保護の開始及び変更)
第26条(保護の停止及び廃止)
第27条(指導及び指示)
第27条の2(相談及び助言)
第28条(調査及び検診)
第29条(調査の嘱託及び報告の請求)
第29条の2(行政手続法の除外)==

第5章 保護の方法 (第30条~第37条の2)[編集]

第30条(生活扶助の方法)
第31条
第32条(教育扶助の方法)
第33条(住宅扶助の方法)
第34条(医療扶助の方法)
第34条の2(介護扶助の方法)
第35条(出産扶助の方法)
第36条(生業扶助の方法)
第37条(葬祭扶助の方法)
第37条の2(保護の方法の特例)

第6章 保護施設 (第38条~第48条)[編集]

第38条(種類)
第39条(保護施設の基準)
第40条(都道府県、市町村及び地方独立行政法人の保護施設)
第41条(社会福祉法人及び日本赤十字社の保護施設の設置)
第42条(社会福祉法人及び日本赤十字社の保護施設の休止又は廃止)
第43条(指導)
第44条(報告の徴収及び立入検査)
第45条(改善命令等)
第46条(管理規程)
第47条(保護施設の義務)
第48条(保護施設の長)

第7章 医療機関、介護機関及び助産機関 (第49条~第55条の2)[編集]

第49条(医療機関の指定)
第50条(指定医療機関の義務)
第50条の2(変更の届出等)
第51条(指定の辞退及び取消し)
第52条(診療方針及び診療報酬)
第53条(医療費の審査及び支払)
第54条(報告の徴収及び立入検査)
第54条の2(介護機関の指定等)
第55条(助産機関等への準用)
第55条の2(告示)

第8章 被保護者の権利及び義務 (第56条~第63条)[編集]

第56条(不利益変更の禁止)
第57条(公課禁止)
第58条(差押禁止)
第59条(譲渡禁止)
第60条(生活上の義務)
第61条(届出の義務)
第62条(指示等に従う義務)
第63条(費用返還義務)

第9章 不服申立て (第64条~第69条)[編集]

第64条(審査庁)
第65条(裁決をすべき期間)
第66条(再審査請求)
第67条
第68条
第69条(審査請求と訴訟との関係)

第10章 費用 (第70条~第80条)[編集]

第70条(市町村の支弁)
第71条(都道府県の支弁)
第72条(繰替支弁)
第73条(都道府県の負担)
第74条(都道府県の補助)
第74条の2(準用規定)
第75条(国の負担及び補助)
第76条(遺留金品の処分)
第77条(費用の徴収)
第78条
第79条(返還命令)
第80条(返還の免除)

第11章 雑則 (第81条~第86条)[編集]

第81条(後見人選任の請求)
第82条(町村の一部事務組合等)
第83条(保護の実施機関が変更した場合の経過規定)
第84条(実施命令)
第84条の2(大都市等の特例)
第84条の3(保護の実施機関についての特例)
第84条の4(事務の区分)
第84条の5(権限の委任)
第85条(罰則)
第86条

外部リンク[編集]

このページ「生活保護法」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。