行政手続法第14条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学コンメンタール行政手続法

条文[編集]

w:不利益処分の理由の提示)

第14条
  1. 行政庁は、不利益処分をする場合には、その名あて人に対し、同時に、当該不利益処分の理由を示さなければならない。ただし、当該理由を示さないで処分をすべき差し迫った必要がある場合は、この限りでない。
  2. 行政庁は、前項ただし書の場合においては、当該名あて人の所在が判明しなくなったときその他処分後において理由を示すことが困難な事情があるときを除き、処分後相当の期間内に、同項の理由を示さなければならない。
  3. 不利益処分を書面でするときは、前2項の理由は、書面により示さなければならない。

解説[編集]

参照条文[編集]

判例[編集]


前条:
第13条
(不利益処分をしようとする場合の手続)
行政手続法
第3章 不利益処分
第1節 通則
次条:
第15条
(聴聞の通知の方式)


このページ「行政手続法第14条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。