GNU Octave 2.1.x 日本語マニュアル

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

メインページ > 工学 > 情報技術 > プログラミング > GNU Octave > GNU Octave 2.1.x 日本語マニュアル


Wikipedia
ウィキペディアGNU Octaveの記事があります。


このページ「GNU Octave 2.1.x 日本語マニュアル」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。

このマニュアルは,GNU Octaveの新機能や非互換性あるいはバグ報告のしかただけでなく,実行,インストールおよび移植する方法について記述しています。これは,GNU Octaveのバージョン2.1.xに対応しています。

まえがき
1. Octaveの簡単な紹介
2. 始めましょう
3. データ型
4. 数値データ型
5. 文字列
6. データ構造体
7. コンテナ
8. I/Oストリーム
9. 変数
10.
11. 評価
12. ステートメント
13. 関数とスクリプトファイル
14. エラー処理
15. デバッグ
16. 入力と出力
17. プロット
18. 行列の操作
19. 算術演算
20. 線形代数
21. 非線形方程式 Nonlinear Equations
22. 数値積分 Quadrature
23. 微分方程式 Differential Equations
24. 最適化
25. 統計
26. 金融関数 Financial Functions
27. 集合 Sets
28. 多項式処理 Polynomial Manipulations
29. 制御理論 Control Theory
30. デジタル信号処理 Signal Processing
31. 画像処理 Image Processing
32. 音声処理 Audio Processing
33. 四元数 Quaternions
34. システムユーティリティ

A. ティップスとスタンダード Tips and Standards
B. Known Causes of Trouble Octaveのインストールにトラブルがあるなら
C. Octaveのインストールと設定
D. オクターブでのEmacsサポート Emacs Octave Support
E. 文法 Grammar
F. GNU GENERAL PUBLIC LICENSE
概念の索引 Concept Index An item for each concept.
変数の索引 Variable Index An item for each documented variable.
関数の索引 Function Index An item for each documented function.
演算子の索引 Operator Index An item for each documented operator.


Copyright (C) 1996,1997 John W. Eaton.
Copyright (C) 2005-2007 MASUDA, Yutaka (日本語訳)
Permission is granted to make and distribute verbatim copies of this manual provided the copyright notice and this permission notice are preserved on all copies. Permission is granted to copy and distribute modified versions of this manual under the conditions for verbatim copying, provided that the entire resulting derived work is distributed under the terms of a permission notice identical to this one. Permission is granted to copy and distribute translations of this manual into another language, under the above conditions for modified versions.