ガリア戦記/用例集/前置詞/de

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

前置詞 dē[編集]

前置詞 は「奪格支配」で、奪格の名詞・形容詞とともに用いられる。

前置詞 (奪格支配) 場 所 時 間 その他の意味 備 考
~から、
~から(分離して)下に
~の直後に、
~の間に
~について [副詞的用法]
下に、その場所に

dē の用例[編集]

de_finibus_suis[編集]

  • fīnibus suīs  自分たちの領土から、自分たちの領土について
    • Apud Helvētiōs longē nōbilissimus fuit et dītissimus Orgetorīx. Is Mārcō Messalā Mārcō Pīsōne cōnsulibus rēgnī cupiditāte inductus coniūrātiōnem nōbilitātis fēcit et cīvitātī persuāsit, ut fīnibus suīs cum omnibus cōpiīs exīrent : 

1巻2節1項





(編集中)



脚注[編集]


参考文献[編集]

関連項目[編集]


関連記事[編集]