コンテンツにスキップ

ガリア戦記/用例集/前置詞

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』

古典ラテン語の 前置詞praepositiō, -ōnis) には、対格支配奪格支配 などがある。

奪格支配の前置詞[編集]

ab (ā), dē, ex (ē), cum などが最も基本的な奪格支配の前置詞。prō, sine なども頻出する。

関連:Ablative with prepositions




(編集中)

対格支配の前置詞[編集]

ad, per などが最も基本的な対格支配の前置詞。ante, apud, inter, post なども頻出する重要単語。このほか、prope, contrā, trāns など種類が多い。


副詞としても用いられる対格支配の前置詞[編集]


(編集中)

対格・奪格支配の前置詞[編集]

in が最も基本的な対格・奪格支配の前置詞。種類は少ないが、対格支配と奪格支配の区別に注意が必要。



(編集中)

脚注[編集]


参考文献[編集]

関連項目[編集]

関連記事[編集]