ガリア戦記/用例集/前置詞/pro

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

前置詞 prō[編集]

前置詞 prō は「奪格支配」で、奪格の名詞・形容詞とともに用いられる。

前置詞 (奪格支配) 場 所 時 間 その他の意味 備 考
prō ~の前に、
~前で、
~前へ
~のために、
~の代わりに、
~に対して、
~に比べて、
~に応じて、
etc.

prō の用例[編集]

prō multitūdine / prō glōriā[編集]

prō multitūdine (単・奪) hominum   人の多さに比べて
prō glōriā (単・奪) bellī atque fortitūdinis   戦争の強さの栄光に比べて

1巻2節5項[編集]

  • Prō multitūdine autem hominum et prō glōriā bellī atque fortitūdinis angustōs sē fīnēs habēre arbitrābantur, quī in longitūdinem mīlia passuum ducenta et quadrāgintā (CCXL), in lātitūdinem centum et octōgintā (CLXXX) patēbant.  

1巻2節5項





(編集中)



脚注[編集]


参考文献[編集]

関連項目[編集]


関連記事[編集]