コンテンツにスキップ

ラテン文学の作家と著作/邦訳書の一覧/叢書・全集/西洋古典叢書

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』

西洋古典叢書」は、京都大学学術出版会が1997年から刊行している西洋古典(ギリシア・ローマ)の叢書[1]。判型は、四六変上製。

京都大学学術出版会:西洋古典叢書タイトルシリーズ

書目一覧[編集]

略号 書名 著者 訳者 発行
年月
ISBN 備考
L001 悲劇集 1 セネカ[2] 小川正廣 ほか 1997年
07月
978-4-87698-102-1 258頁 [3]
L002 悲劇集 2 セネカ[2] 大西英文 ほか 1997年
09月
978-4-87698-104-5 532頁 [4]
L003 地中海世界史 トログス/ユスティヌス抄録
ポンペイウス・トログス
(ユニアヌス・ユスティヌス抄録)
合阪 學(さとる) 1998年
01月
978-4-87698-107-6 523頁 [5]
L004 悲しみの歌  
/黒海からの手紙
オウィディウス[6] 木村健治 1998年
09月
978-4-87698-113-7 485頁 [7]
L005 ローマ喜劇集1 プラウトゥス (1)[8] 木村健治ほか 2000年
09月
978-4-87698-120-5 549頁 [9]
L006 ローマ喜劇集 2 プラウトゥス (2)[8] 小川正廣ほか 2001年
03月
978-4-87698-125-0 482頁 [10]
L007 アエネーイス ウェルギリウス[11] 岡道男・高橋宏幸 2001年
04月
978-4-87698-126-7 681頁 [12]
L008 ローマ喜劇集 3 プラウトゥス (3)[8] 木村健治ほか 2001年
10月
978-4-87698-130-4 646頁 [13]
L009 ローマ喜劇集 4 プラウトゥス (4)[8] 小林標ほか 2002年
04月
978-4-87698-135-9 645頁 [14]
L010 ローマ喜劇集 5 テレンティウス [15] 木村健治ほか 2002年
08月
978-4-87698-139-7 748頁 [16]
L011 アレクサンドロス大王伝 クルティウス・ルフス 谷栄一郎・上村 健二 2003年
09月
978-4-87698-144-1 501頁 [17]
L012 ローマ皇帝群像 1 アエリウス・スパルティアヌス他 南川高志 2004年
01月
978-4-87698-146-5 258頁 [18]
L013 牧歌/農耕詩 ウェルギリウス 小川正廣 2004年
05月
978-4-87698-151-9 279頁 [19]
L014 弁論家の教育 1 クィンティリアヌス (1) [20] 森谷宇一ほか 2005年
05月
978-4-87698-159-5 260頁 [21]
L015 ローマ皇帝群像 2 アエリウス・スパルティアヌス他 桑山由文・井上文則・
南川高志
2006年
06月
978-4-87698-164-9 347頁 [22]
L016 ローマ建国以来の歴史 3
  イタリア半島の征服(1)
リウィウス (3)[23] 毛利晶 2008年
06月
978-4-87698-176-2 288頁 [24]
L017 ローマ建国以来の歴史 1
  伝承から歴史へ(1)
リウィウス (1) 岩谷智 2008年
10月
978-4-87698-179-3 251頁 [25]
L018 弁論家の教育 2 クインティリアヌス (2) 森谷宇一・戸高和弘・
渡辺浩司・伊達立晶
2009年
02月
978-4-87698-181-6 366頁 [26]
L019 ローマ皇帝群像 3 アエリウス・スパルティアヌス他 井上文則・桑山由文 2009年
05月
978-4-87698-183-0 355頁 [27]
L020 ローマ世界の歴史 ウェレイユス・パテルクルス[28] 西田卓生・高橋宏幸 2012年
03月
978-4-87698-191-5 250頁 [29]
L021 ローマ建国以来の歴史 9
  第二次マケドニア戦争、東方諸戦役(1)
リウィウス (9) 吉村忠典・小池和子 2012年
05月
978-4-87698-196-0 272頁 [30]
L022 弁論家の教育 3 クインティリアヌス (3) 森谷宇一・戸高和弘・
吉田俊一郎
2013年
01月
978-4-87698-250-9 344頁 [31]
L023 ローマ建国以来の歴史 4
  イタリア半島の征服 (2)
リウィウス (4) 毛利晶 2014年
01月
978-4-87698-293-6 345頁 [32]
L024 ローマ建国以来の歴史 5
  ハンニバル戦争(1)
リウィウス (5) 安井 萠 2014年
04月
978-4-87698-484-8 238頁 [33]
L025 ローマ皇帝群像 4 アエリウス・スパルティアヌス他 井上文則 2014年
09月
978-4-87698-486-2 398頁 [34]
L026 アッティカの夜 1 アウルス・ゲッリウス[35] 大西英文 2016年
01月
978-4-87698-915-7 492頁 [36]
L027 ローマ建国以来の歴史 2
  伝承から歴史へ (2)
リウィウス (2) 岩谷智 2016年
07月
978-4-81400-031-9 457頁 [37]
L028 弁論家の教育 4 クインティリアヌス (4) 森谷宇一・戸高和弘・
伊達立晶・吉田俊一郎
2016年
12月
978-4-81400-034-0 328頁 [38]
L029 ローマ帝政の歴史 1
  ユリアヌス登場
アンミアヌス・マルケリヌス 山沢孝至 2017年
11月
978-4-81400-096-8 414頁 [39]
L030 変身物語 1 オウィディウス[6] 高橋宏幸 2019年
05月
978-4-81400-222-1 466頁 [40]
L031 プラトン『ティマイオス』註解 カルキディウス 土屋睦廣 2019年
11月
978-4-81400-224-5 496頁 [41]
L032 変身物語 2 オウィディウス[6] 高橋宏幸 2020年
05月
978-4-81400-280-1 408頁 [42]
L033 ローマ建国以来の歴史 6
  ハンニバル戦争(2)
リウィウス (6) 安井 萠 2020年
09月
978-4-81400-281-8 368頁 [43]
L034 神話伝説集 ヒュギヌス 五之治 昌比呂 2021年
01月
978-4-81400-282-5 476頁 [44]
L035
L036
L037
L038
L039

原著者別 (和名)[編集]

原著者別 (ラテン語名)[編集]



脚 注[編集]

  1. ^ CiNii 図書 - 西洋古典叢書(国立情報学研究所) などを参照。
  2. ^ 2.0 2.1 w:ルキウス・アンナエウス・セネカ
  3. ^ 京都大学学術出版会:悲劇集 1 などを参照。
  4. ^ 京都大学学術出版会:悲劇集 2 などを参照。
  5. ^ 京都大学学術出版会:地中海世界史 などを参照。
  6. ^ 6.0 6.1 6.2 w:オウィディウス
  7. ^ 京都大学学術出版会:悲しみの歌/黒海からの手紙 などを参照。
  8. ^ 8.0 8.1 8.2 8.3 w:プラウトゥス
  9. ^ 京都大学学術出版会:ローマ喜劇集1 などを参照。
  10. ^ 京都大学学術出版会:ローマ喜劇集 2 などを参照。
  11. ^ w:ウェルギリウス
  12. ^ 京都大学学術出版会:アエネーイス などを参照。
  13. ^ 京都大学学術出版会:ローマ喜劇集 3 などを参照。
  14. ^ 京都大学学術出版会:ローマ喜劇集 4 などを参照。
  15. ^ w:プブリウス・テレンティウス・アフェル
  16. ^ 京都大学学術出版会:ローマ喜劇集 5 などを参照。
  17. ^ 京都大学学術出版会:アレクサンドロス大王伝 などを参照。
  18. ^ 京都大学学術出版会:ローマ皇帝群像 1 などを参照。
  19. ^ 京都大学学術出版会:牧歌/農耕詩 などを参照。
  20. ^ w:クインティリアヌ
  21. ^ 京都大学学術出版会:弁論家の教育 1 などを参照。
  22. ^ 京都大学学術出版会:ローマ皇帝群像 2 などを参照。
  23. ^ w:ティトゥス・リウィウス
  24. ^ 京都大学学術出版会:ローマ建国以来の歴史 3 などを参照。
  25. ^ 京都大学学術出版会:ローマ建国以来の歴史 1 などを参照。
  26. ^ 京都大学学術出版会:弁論家の教育 2 などを参照。
  27. ^ 京都大学学術出版会:ローマ皇帝群像 3 などを参照。
  28. ^ w:ウェッレイウス・パテルクルス
  29. ^ 京都大学学術出版会:ローマ世界の歴史 などを参照。
  30. ^ 京都大学学術出版会:ローマ建国以来の歴史 9 などを参照。
  31. ^ 京都大学学術出版会:弁論家の教育 3 などを参照。
  32. ^ 京都大学学術出版会:ローマ建国以来の歴史 4 などを参照。
  33. ^ 京都大学学術出版会:ローマ建国以来の歴史 5 などを参照。
  34. ^ 京都大学学術出版会:ローマ皇帝群像 4 などを参照。
  35. ^ w:アウルス・ゲッリウス
  36. ^ 京都大学学術出版会:アッティカの夜 1 などを参照。
  37. ^ 京都大学学術出版会:ローマ建国以来の歴史 2 などを参照。
  38. ^ 京都大学学術出版会:弁論家の教育 4 などを参照。
  39. ^ 京都大学学術出版会:ローマ帝政の歴史 1 などを参照。
  40. ^ 京都大学学術出版会:変身物語 1 などを参照。
  41. ^ 京都大学学術出版会:プラトン『ティマイオス』註解 などを参照。
  42. ^ 京都大学学術出版会:変身物語 2 などを参照。
  43. ^ 京都大学学術出版会:ローマ建国以来の歴史 6 などを参照。
  44. ^ 京都大学学術出版会:神話伝説集 などを参照。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]