会社法第135条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法商法コンメンタール会社法第2編第2章 株式 (コンメンタール会社法)

条文[編集]

(親会社株式の取得の禁止)

第135条
  1. 子会社は、その親会社である株式会社株式(以下この条において「親会社株式」という。)を取得してはならない。
  2. 前項の規定は、次に掲げる場合には、適用しない。
    一 他の会社(外国会社を含む。)の事業の全部を譲り受ける場合において当該他の会社の有する親会社株式を譲り受ける場合
    二 合併後消滅する会社から親会社株式を承継する場合
    三 吸収分割により他の会社から親会社株式を承継する場合
    四 新設分割により他の会社から親会社株式を承継する場合
    五 前各号に掲げるもののほか、法務省令で定める場合
  3. 子会社は、相当の時期にその有する親会社株式を処分しなければならない。

解説[編集]


前条:
会社法第134条
(株主の請求による株主名簿記載事項の記載又は記録)
会社法
第2編 株式会社
第2章 株式
第3節 株式の譲渡等
次条:
会社法第136条
(株主からの承認の請求)
このページ「会社法第135条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。