会社法第178条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法商法会社法コンメンタール会社法第2編 株式会社第2章 株式

条文[編集]

(株式の消却)

第178条
  1. 株式会社は、自己株式を消却することができる。この場合においては、消却する自己株式の数(種類株式発行会社にあっては、自己株式の種類及び種類ごとの数)を定めなければならない。
  2. 取締役会設置会社においては、前項後段の規定による決定は、取締役会の決議によらなければならない。

解説[編集]

従来の商法旧会社編における株式の消却概念は複雑であったが、会社法においては「自己株式の取得」と「自己株式の消却」の二段階に整理されている。この条文は後者の段階についての規定である。

関連[編集]

参考文献[編集]

  • 相澤哲編『一問一答新・会社法』(商事法務研究会、2005年)63頁

前条:
会社法第177条
(売買価格の決定)
会社法
第2編 株式会社
第2章 株式
第4節 株式会社による自己の株式の取得
第6款 株式の消却
次条:
会社法第180条
(株式の併合)
このページ「会社法第178条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。