会社法第184条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法商法コンメンタール会社法第2編第2章 株式 (コンメンタール会社法)

条文[編集]

(効力の発生等)

第184条
  1. 基準日においてw:株主名簿に記載され、又は記録されているw:株主w:種類株式発行会社にあっては、基準日において株主名簿に記載され、又は記録されている前条第2項第三号の種類の種類株主)は、同項第二号の日に、基準日に有する株式(種類株式発行会社にあっては、同項第三号の種類の株式。以下この項において同じ。)の数に同条第2項第一号の割合を乗じて得た数の株式を取得する。
  2. 株式会社(現に二以上の種類の株式を発行しているものを除く。)は、第466条の規定にかかわらず、株主総会の決議によらないで、前条第2項第二号の日における発行可能株式総数をその日の前日の発行可能株式総数に同項第一号の割合を乗じて得た数の範囲内で増加する定款の変更をすることができる。

解説[編集]

  • 会社法第183条(株式の分割)
第2項第二号:株式の分割がその効力を生ずる日
  • 会社法第466条(定款の変更)

関連条文[編集]


前条:
会社法第183条
(株式の分割)
会社法
第2編 株式会社
第2章 株式
第5節 株式の併合等
次条:
会社法第185条
(株式無償割当て)
このページ「会社法第184条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。