会社法第312条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法商法コンメンタール会社法第2編第4章 機関 (コンメンタール会社法)

条文[編集]

(電磁的方法による議決権の行使)

第312条
  1. 電磁的方法による議決権の行使は、政令で定めるところにより、w:株式会社の承諾を得て、法務省令で定める時までに議決権行使書面に記載すべき事項を、電磁的方法により当該株式会社に提供して行う。
  2. w:株主第299条第3項の承諾をした者である場合には、株式会社は、正当な理由がなければ、前項の承諾をすることを拒んではならない。
  3. 第一項の規定により電磁的方法によって行使した議決権の数は、出席した株主の議決権の数に算入する。
  4. 株式会社は、株主総会の日から三箇月間、第1項の規定により提供された事項を記録した電磁的記録をその本店に備え置かなければならない。
  5. 株主は、株式会社の営業時間内は、いつでも、前項の電磁的記録に記録された事項を法務省令で定める方法により表示したものの閲覧又は謄写の請求をすることができる。

解説[編集]

関連条文[編集]


前条:
会社法第311条
(書面による議決権の行使)
会社法
第2編 株式会社
第4章 機関
第1節 株主総会及び種類株主総会
次条:
会社法第313条
(議決権の不統一行使)
このページ「会社法第312条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。