会社法第492条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法商法コンメンタール会社法第2編 株式会社 (コンメンタール会社法)第2編第9章 清算 (コンメンタール会社法)

条文[編集]

(財産目録等の作成等)

第492条
  1. 清算人(清算人会設置会社にあっては、第489条第7項各号に掲げる清算人)は、その就任後遅滞なく、清算株式会社の財産の現況を調査し、法務省令で定めるところにより、第475条各号に掲げる場合に該当することとなった日における財産目録及び貸借対照表(以下この条及び次条において「財産目録等」という。)を作成しなければならない。
  2. 清算人会設置会社においては、財産目録等は、清算人会の承認を受けなければならない。
  3. 清算人は、財産目録等(前項の規定の適用がある場合にあっては、同項の承認を受けたもの)を株主総会に提出し、又は提供し、その承認を受けなければならない。
  4. 清算株式会社は、財産目録等を作成した時からその本店の所在地における清算結了の登記の時までの間、当該財産目録等を保存しなければならない

解説[編集]

  • 会社法第475条(清算の開始原因)
  • 会社法第489条(清算人会の権限等)

関連条文[編集]

参照条文[編集]


前条:
会社法第491条
(取締役等に関する規定の適用)
会社法
第2編 株式会社
第9章 清算
第1節 総則
次条:
会社法第493条
(財産目録等の提出命令)
このページ「会社法第492条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。