刑事訴訟法第268条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学コンメンタールコンメンタール刑事訴訟法=コンメンタール刑事訴訟法/改訂

条文[編集]

(公判の維持と指定弁護士)

第268条
  1. 裁判所は、第266条第2号の規定により事件がその裁判所の審判に付されたときは、その事件について公訴の維持にあたる者を弁護士の中から指定しなければならない。
  2. 前項の指定を受けた弁護士は、事件について公訴を維持するため、裁判の確定に至るまで検察官の職務を行う。但し、検察事務官及び司法警察職員に対する捜査の指揮は、検察官に嘱託してこれをしなければならない。
  3. 前項の規定により検察官の職務を行う弁護士は、これを法令により公務に従事する職員とみなす。
  4. 裁判所は、第1項の指定を受けた弁護士がその職務を行うに適さないと認めるときその他特別の事情があるときは、何時でもその指定を取り消すことができる。
  5. 第1項の指定を受けた弁護士には、政令で定める額の手当を給する。

解説[編集]

参照条文[編集]

判例[編集]


前条:
第267条の2
刑事訴訟法
第2編 第一審
第2章 公訴
次条:
第269条
(請求者に対する費用賠償の決定)
このページ「刑事訴訟法第268条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。