コンテンツにスキップ

刑事訴訟法第350条の29

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』

法学コンメンタールコンメンタール刑事訴訟法=コンメンタール刑事訴訟法/改訂

条文[編集]

(拘禁刑の言い渡し)

第350条の29
即決裁判手続において拘禁刑の言渡しをする場合には、その刑の全部の執行猶予の言渡しをしなければならない。

改正経緯[編集]

2022年改正[編集]

以下のとおり改正。2025年6月1日施行。

(改正前)懲役又は禁錮
(改正後)拘禁刑

2016年改正[編集]

2016年改正において「証拠収集等への協力及び訴追に関する合意」の章が挿入されたことにより、「第350条の15」から条数が繰り下がった。

解説[編集]

参照条文[編集]

判例[編集]


前条:
第350条の28
(即決判決の要請)
刑事訴訟法
第2編 第一審

第4章 即決裁判手続

第4節 公判の裁判の特例
次条:
第351条
(上訴権者)
このページ「刑事訴訟法第350条の29」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。