刑法第26条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

条文[編集]

(刑の全部の執行猶予の裁量的取消し)

第26条

次に掲げる場合においては、刑の全部の執行猶予の言渡しを取り消さなければならない。ただし、第3号の場合において、猶予の言渡しを受けた者が第25条第1項第2号に掲げる者であるとき、又は次条第3号に該当するときは、この限りでない。

  1. 猶予の期間内に更に罪を犯して禁錮以上の刑に処せられ、その刑の全部について執行猶予の言渡しがないとき。
  2. 猶予の言渡し前に犯した他の罪について禁錮以上の刑に処せられ、その刑の全部について執行猶予の言渡しがないとき。
  3. 猶予の言渡し前に他の罪について禁錮以上の刑に処せられたことが発覚したとき。

改正経緯[編集]

2013年改正により、「刑の一部の執行猶予」制度が導入され、改正前の「執行猶予」は「刑の全部の執行猶予」と概念されることとなったことに伴い、以下のとおり改正。

  1. 見出し
    (改正前)執行猶予の裁量的取消し
    (改正後)刑の全部の執行猶予の裁量的取消し
  2. 本文
    (改正前)刑の執行猶予の言渡しを
    (改正後)刑の全部の執行猶予の言渡しを
  3. 第1号、第2号
    (改正前)その刑について
    (改正後)その刑の全部について

解説[編集]

本条は、執行猶予を取り消さなければならない場合について定めている。

判例[編集]


前条:
刑法第25条の2
(刑の全部の執行猶予中の保護観察)
刑法
第1編 総則
第4章 刑の執行猶予
次条:
刑法第26条の2
(刑の全部の執行猶予の裁量的取消し)


このページ「刑法第26条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。

]