刑法第262条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

条文[編集]

(自己の物の損壊等)

第262条
自己の物であっても、差押えを受け、物権を負担し、又は賃貸したものを損壊し、又は傷害したときは、前3条の例による。

解説[編集]

参照条文[編集]

判例[編集]

前条:
刑法第261条
(器物損壊等)
刑法
第2編 罪
第40章 毀棄及び隠匿の罪
次条:
刑法第262条の2
(境界損壊)
このページ「刑法第262条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。