商標法

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学 > 知的財産権法 > 商標法

商標法の教科書。


教科書[編集]

  • 第一章 総則(第一条・第二条)
    • 法目的
    • 商標
    • 使用
  • 第二章 商標登録及び商標登録出願(第三条―第十三条の二)
    • 商標登録出願
      • 指定商品と指定役務
      • 補完命令
    • 登録要件
      • 3条(自他識別性)
      • 4条
      • その他
    • 団体商標
    • 地域団体商標
    • 補償金請求権
  • 第三章 審査(第十四条―第十七条の二)
  • 第四章 商標権
    • 第一節 商標権(第十八条―第三十五条)
      • 更新
      • 商標権
        • 専用権と禁止権
        • 分割・移転
        • 混同防止表示請求
        • ライセンス
    • 第二節 権利侵害(第三十六条―第三十九条)
      • 侵害論
      • 損害論
    • 第三節 登録料(第四十条―第四十三条)
  • 第四章の二 登録異議の申立て(第四十三条の二―第四十三条の十五)
  • 第五章 審判(第四十四条―第五十六条の二)
    • 商標登録の無効の審判
      • 除斥期間
    • 取消審判
      • 不使用取消審判
      • 不使用取消審判以外の取消審判
  • 第六章 再審及び訴訟(第五十七条―第六十三条)
  • 第七章 防護標章(第六十四条―第六十八条)
  • 第七章の二 マドリッド協定の議定書に基づく特例
    • 第一節 国際登録出願(第六十八条の二―第六十八条の八)
    • 第二節 国際商標登録出願に係る特例(第六十八条の九―第六十八条の三十一)
    • 第三節 商標登録出願等の特例(第六十八条の三十二―第六十八条の三十九)
  • 第八章 雑則(第六十八条の四十―第七十七条の二)
  • 第九章 罰則(第七十八条―第八十五条)
  • 附則
    • 書換登録

判例集[編集]

いわゆる狭義の判例としての最高裁判例の中で原則「商標法」を検索語にして該当したものの中から現行法に適合しないもの、特許法で扱えるものを除外した。1件だけ特許法の判例ではあるが、現行法では商標法のみで適合するものは加えた。なお、本ページ(サブページを含む)やコンメンタールでは、高等裁判所、地方裁判所での判決・決定も適宜言及する予定である。

参考文献[編集]

  • 特許庁編『工業所有権法(産業財産権法)逐条解説』、発明推進協会(最新版は第20版) - PDFのダウンロードサービスあり
  • 特許庁商標課編『商標審査基準』、発明推進協会(最新版は改訂第13版) - PDFのダウンロードサービスあり

etc...

外部リンク[編集]

このページ「商標法」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。