民法第1条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
移動先: 案内検索

条文[編集]

(基本原則)
第1条

  1. 私権は、公共の福祉に適合しなければならない。
  2. 権利の行使及び義務の履行は、信義に従い誠実に行わなければならない。
  3. 権利の濫用は、これを許さない。

解説[編集]

  • 第1項は、私権の内容について規定している。
  • 第2項は、私権の行使及び義務の履行における信義誠実の原則について規定している。
  • 第3項は、権利濫用の禁止について規定している。

英文出典等[編集]

Article 1 Private rights must conform to the public welfare.

(2) The exercise of rights and performance of duties must be done in good faith.

(3) No abuse of rights is permitted.

参照条文[編集]

参照判例[編集]

判例[編集]

このページ「民法第1条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。
前条:
-
民法
第1編 総則
第1章 通則
次条:
民法第2条
(解釈の基準)