コンテンツにスキップ

将棋/▲2六歩

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
なし
987654321 
       
         
         
        
       
なし
1手目▲2六歩まで

飛車先の歩を突く出だし。

△8四歩と後手も飛車先の歩を突く手と、△3四歩と角道を開ける手が考えられる。


△8四歩[編集]

詳細は「/△8四歩」を参照
なし
987654321 
       
        
         
        
 
       
なし
2手目△8四歩まで

▲2五歩△8五歩と飛車先の歩を伸ばし合う相掛かりの展開、または△8四歩/▲7六歩からの角換わりや横歩取りの展開も考えられる。


△3四歩[編集]

詳細は「/△3四歩」を参照
なし
987654321 
       
        
         
        
 
       
なし
2手目△3四歩まで

▲2五歩に△3三角の受けを用意している。

▲7六歩と突くと、初手から▲7六歩△3四歩▲2六歩の局面に合流する。


△3二金[編集]

詳細は「/△3二金」を参照
なし
987654321 
      
         
         
        
 
       
なし
2手目△3二金まで

居飛車将棋としては、飛車先を早く突かないことで、他の手を早く指す作戦。

先手がw:陽動振り飛車などにしなければ、w:相掛かりなどの定跡に合流する。


△6二銀[編集]

△1四歩[編集]

詳細は「/△1四歩」を参照
なし
987654321 
       
        
         
        
 
       
なし
2手目△1四歩まで

▲2五歩に△1三角の受けを用意したもの。


△3二飛[編集]

なし
987654321 
  
         
         
        
 
       
なし
2手目△3二飛まで

悪手。すぐに▲2五歩と突かれ、▲2四歩からの攻めで後手が早くも劣勢となってしまう。

以下△3四歩は▲2四歩△同歩▲同飛で、△3三飛と上がって▲2三飛成を防いでも▲2三歩がある。△1四歩は▲2四歩△同歩▲同飛△1三角▲2一飛成△5七角成▲1一竜で、後手は桂損と引き換えに馬を作ったものの、駒損のほうが大きく後手劣勢となっている。

初手▲7六歩に対しては2手目△3二飛が成立するが、初手▲2六歩に対しては成立しない。


△5二飛[編集]

なし
987654321 
    
         
         
        
 
       
なし
2手目△5二飛まで

△3二飛以外の振り飛車は、以下▲2五歩△3四歩▲2四歩△同歩▲同飛と飛車先の歩を交換に、△3二金で▲2三飛成は受けられる。

初手▲7六歩に対しても2手目△5二飛は成立する。


脚注[編集]


参考文献[編集]

このページ「将棋/▲2六歩」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。