建物の区分所有等に関する法律第42条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法建物の区分所有等に関する法律コンメンタール建物の区分所有等に関する法律建物の区分所有等に関する法律第42条)(

条文[編集]

(議事録)

第42条  
  1. 集会の議事については、議長は、書面又は電磁的記録により、議事録を作成しなければならない。
  2. 議事録には、議事の経過の要領及びその結果を記載し、又は記録しなければならない。
  3. 前項の場合において、議事録が書面で作成されているときは、議長及び集会に出席した区分所有者の二人がこれに署名押印しなければならない。
  4. 第2項の場合において、議事録が電磁的記録で作成されているときは、当該電磁的記録に記録された情報については、議長及び集会に出席した区分所有者の二人が行う法務省令で定める署名押印に代わる措置を執らなければならない。
  5. 第33条の規定は、議事録について準用する。

解説[編集]

  • 第33条(規約の保管及び閲覧)

参照条文[編集]

判例[編集]

  • [] (最高裁判所判例) [[]]
このページ「建物の区分所有等に関する法律第42条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。