料理本/ケチャップ

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

家で作られたケチャップ

ケチャップとは、ソースの一種である。ケチャップはスパイスと、大量の酸(酢、又は乳酸)、そして通常のケチャップはトマトベースである。

ケチャップは通常、油で揚げた揚げ物、肉、卵に使用される。ケチャップは普通、調味料として使用されるが、ミートローフやバーベキューソースなどの材料としても一般的に使用される。

面白いことに、元のケチャップはトマトを含んではいなかった。多分、「ケツィアプ」と呼ばれる中華ソースであった。この「ケツィアプ」は、塩づけた魚や貝を発酵させたものを基にしたものであった。ソースは船員によってヨーロッパに持ち帰られ、地元のレシピに割り当てられた。その後、トマトが追加された。

材料[編集]

  • トマト … 950 ml
  • 砂糖 … 120 g
  • 乾いたマスタード … 大匙2
  • 挽いたオールスパイス … 大匙1
  • リンゴ酢 … 2カップ
  • 塩 … 大匙3
  • 黒胡椒 … 大匙1
  • 挽いたクローブ … 茶匙1

作り方[編集]

  1. 良い、完熟したトマトを選ぶ。種と皮を取り除くために、粗いふるいを通して火傷し、こする。
  2. 3.8 lを測定する。トマトが冷めたら残りの材料を加える。
  3. 3時間、ゆっくり煮る。
  4. 熱い滅菌された1パイントの瓶に注ぎ、密閉する。
  5. 沸騰している水風呂で15分間処理する。高度が300〜1800 mの場合は5分の処理時間を追加し、1800 mを超える場合はさらに5分の処理時間を追加する。

関連[編集]