旧不動産登記法第2条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法不動産登記法コンメンタール旧不動産登記法

条文[編集]

第2条

 仮登記ハ左ノ場合ニ於テ之ヲ為ス

一 登記ノ申請ニ必要ナル手続上ノ条件カ具備セサルトキ
二 前条ニ掲ケタル権利ノ設定、移転、変更又ハ消滅ノ請求権ヲ保全セントスルトキ右ノ請求権カ始期附又ハ停止条件附ナルトキ其他将来ニ於テ確定スヘキモノナルトキ亦同シ

解説[編集]

参照条文[編集]

判例[編集]

このページ「旧不動産登記法第2条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。