民事訴訟法第147条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法コンメンタール民事訴訟法

条文[編集]

(時効中断等の効力発生の時期)

第147条
時効の中断又は法律上の期間の遵守のために必要な裁判上の請求は、訴えを提起した時又は第143条第2項(第144条第3項及び第145条第3項において準用する場合を含む。)の書面を裁判所に提出した時に、その効力を生ずる。

解説[編集]

  • 第143条(訴えの変更)
  • 第144条(選定者に係る請求の追加)
  • 第145条(中間確認の訴え)

参照条文[編集]

判例[編集]


前条:
民事訴訟法第146条
(反訴)
民事訴訟法
第2編 第一審の訴訟手続
第1章 訴え
次条:
民事訴訟法第147条の2
(訴訟手続の計画的進行)
このページ「民事訴訟法第147条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。