民事訴訟法第338条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法コンメンタール民事訴訟法民事訴訟規則

条文[編集]

(再審の事由)

第338条  
  1. 次に掲げる事由がある場合には、確定した終局判決に対し、再審の訴えをもって、不服を申し立てることができる。ただし、当事者が控訴若しくは上告によりその事由を主張したとき、又はこれを知りながら主張しなかったときは、この限りでない。
    一  法律に従って判決裁判所を構成しなかったこと。
    二  法律により判決に関与することができない裁判官が判決に関与したこと。
    三  法定代理権、訴訟代理権又は代理人が訴訟行為をするのに必要な授権を欠いたこと。
    四  判決に関与した裁判官が事件について職務に関する罪を犯したこと。
    五  刑事上罰すべき他人の行為により、自白をするに至ったこと又は判決に影響を及ぼすべき攻撃若しくは防御の方法を提出することを妨げられたこと。
    六  判決の証拠となった文書その他の物件が偽造又は変造されたものであったこと。
    七  証人、鑑定人、通訳人又は宣誓した当事者若しくは法定代理人の虚偽の陳述が判決の証拠となったこと。
    八  判決の基礎となった民事若しくは刑事の判決その他の裁判又は行政処分が後の裁判又は行政処分により変更されたこと。
    九  判決に影響を及ぼすべき重要な事項について判断の遺脱があったこと。
    十  不服の申立てに係る判決が前に確定した判決と抵触すること。
  2. 前項第四号から第七号までに掲げる事由がある場合においては、罰すべき行為について、有罪の判決若しくは過料の裁判が確定したとき、又は証拠がないという理由以外の理由により有罪の確定判決若しくは過料の確定裁判を得ることができないときに限り、再審の訴えを提起することができる。
  3. 控訴審において事件につき本案判決をしたときは、第一審の判決に対し再審の訴えを提起することができない。

解説[編集]

参照条文[編集]

判例[編集]


このページ「民事訴訟法第338条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。