民法第1037条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
Jump to navigation Jump to search

条文[編集]

(受贈者の無資力による損失の負担)

第1037条
減殺を受けるべき受贈者の無資力によって生じた損失は、遺留分権利者の負担に帰する。

解説[編集]

 遺留分減殺請求権の対象となる贈与を受けた先順位の受贈者が無資力であった場合、その損失の負担を、後順位の受贈者が、不意打ち的に受けるのを避ける規定である。

判例[編集]


前条:
民法第1036条
(受贈者による果実の返還)
民法
第5編 相続
第8章 遺留分
次条:
民法第1038条
(負担付贈与の減殺請求)
このページ「民法第1037条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。