民法第1036条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

条文[編集]

(受贈者による果実の返還)

第1036条
受贈者は、その返還すべき財産のほか、減殺の請求があった日以後の果実を返還しなければならない。

解説[編集]

参照条文[編集]

判例[編集]


前条:
民法第1035条
(贈与の減殺の順序)
民法
第5編 相続
第8章 遺留分
次条:
民法第1037条
(受贈者の無資力による損失の負担)
このページ「民法第1036条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。