民法第111条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
Jump to navigation Jump to search

法学民事法民法コンメンタール民法第1編 総則 (コンメンタール民法)

条文[編集]

代理権の消滅事由)

第111条
  1. 代理権は、次に掲げる事由によって消滅する。
    一  本人の死亡
    二  代理人の死亡又は代理人が破産手続開始決定若しくは後見開始の審判を受けたこと。
  2. 委任による代理権は、前項各号に掲げる事由のほか、委任の終了によって消滅する。

解説[編集]

代理権の消滅事由についての規定である。 委任契約に基づいて発生した代理権の場合は、民法第653条に規定された委任の終了事由も参照する必要がある。

参考条文[編集]

判例[編集]


前条:
民法第110条
(権限外の行為の表見代理)
民法

第1編 総則
第5章 法律行為
第3節 代理

次条:
民法第112条
(代理権消滅後の表見代理)
このページ「民法第111条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。