民法第210条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法民法コンメンタール民法第2編 物権 (コンメンタール民法)

条文[編集]

公道に至るための他の土地の通行権

第210条
  1. 他の土地に囲まれて公道に通じない土地の所有者は、公道に至るため、その土地を囲んでいる他の土地を通行することができる。
  2. 池沼、河川、水路若しくは海を通らなければ公道に至ることができないとき、又は崖があって土地と公道とに著しい高低差があるときも、前項と同様とする。

解説[編集]

Wikipedia
ウィキペディア囲繞地通行権の記事があります。
Wiktionary
ウィクショナリー囲繞地の記事があります。

相隣関係も参照。

「囲繞地通行権」と呼ばれるが、元々条文にあった「囲繞地」という言葉は、現代語化(平成16年法律第147号)に伴い、置き換えられたものである。囲繞地に囲まれた土地を「袋地」と呼ぶ(不動産の実務では別の意味で使われることもある - 袋地参照)。

現代語化前の条文[編集]

有斐閣『六法全書』平成9年版、2-2091頁による。なお、この表題は、同六法編集者側で付したものである。

【袋地所有者の囲繞地通行権】

  1. 或土地カ他ノ土地ニ囲繞セラレテ公路ニ通セサルトキハ其ノ土地ノ所有者ハ公路ニ至ル為メ囲繞地ヲ通行スルコトヲ得
  2. 池沼、河渠若クハ海洋ニ由ルニ非サレハ他ニ通スルコト能ハス又ハ崖岸アリテ土地ト公路ト著シキ高低ヲ為シタルトキ亦同シ

参照条文[編集]

判例[編集]


前条:
民法第209条
(隣地の使用請求)
民法
第2編 物権
第3章 所有権
第1節 所有権の限界
次条:
民法第211条
(公道に至るための他の土地の通行権)
このページ「民法第210条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。