民法第264条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法民法コンメンタール民法第2編 物権 (コンメンタール民法)

条文[編集]

(準共有)

第264条
この節(第262条の2及び第262条の3を除く。)の規定は、数人で所有権以外の財産権を有する場合について準用する。ただし、法令に特別の定めがあるときは、この限りでない。

改正経緯[編集]

2021年改正により、同改正において新設された民法第262条の2及び民法第262条の3は、所有権以外の財産権には準用されない旨、括弧書きを追加した。

解説[編集]

知的財産権など、所有権以外の財産権についても民法上の共有の規定が準用されるとする規定である。

特別の定め

参照条文[編集]


前条:
民法第263条
(共有の性質を有する入会権)
民法
第2編 物権

第3章 所有権

第3節 共有
次条:
民法第264条の2
(所有者不明土地管理命令)


このページ「民法第264条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。