民法第359条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法民法コンメンタール民法第2編 物権 (コンメンタール民法)

条文[編集]

(設定行為に別段の定めがある場合等)

第359条
前3条の規定は、設定行為に別段の定めがあるとき、又は担保不動産収益執行(民事執行法 (昭和54年法律第4号)第180条第二号 に規定する担保不動産収益執行をいう。以下同じ。)の開始があったときは、適用しない。

解説[編集]

一定の規定については、設定行為によりその適用を排除できる旨を定めた規定である。

参考条文[編集]

参照条文[編集]


前条:
民法第358条
(不動産質権者による利息の請求の禁止)
民法
第2編 物権
第9章 質権
第3節 不動産質
次条:
民法第360条
(不動産質権の存続期間)
このページ「民法第359条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。